シトリン

シトリン(Chitrine) 和名:黄水晶
モース硬度:7 宝石言葉:甘い思い出、初恋の味

パワーストーンの色・特徴
フランス語でレモンを表す“citron”からシトリンと名づけられた石。鉄イオンの混入で、レモン色からオレンジ色の輝きを見せる。 シトリンはその色合いがトパーズと似ていることから、シトリントパーズとも呼ばれるが、実際はクリスタル(水晶)の仲間。 アメシスト(アメジスト)を熱処理して黄色にしたシトリン(焼きシトリン)も出回っている。

パワーストーンの効果
太陽の光のような暖かい色をしたシトリンは、持ち主に希望と自信を運んでくれる。 豊穣の象徴とされてきたパワーストーンで、お金の循環を良くし、仕事の成功へ導いてくれる効果がある。

シトリンのおすすめ浄化方法
水による浄化/月による浄化/映像の投影(プロジェクション)による浄化/砂・土による浄化/塩による浄化/ お香(セージ)による浄化(スマッジング)/水晶クラスターによる浄化/ 音による浄化/エッセンスによる浄化

◇産地:ブラジル、チリ、メキシコ、ベトナム、マダガスカル、コンゴなど
◇誕生石:11月、8月1日


さ行のパワーストーンへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ