ラピスラズリ

ラピスラズリ(Lapis lazuli) 和名:瑠璃
モース硬度:5-5.5 宝石言葉:聖業

パワーストーンの色・特徴
ラピスラズリは、ラズライト(Lazurite、青金石)の宝石名。 青い部分はラズライト、金色の部分はパイライト、その他白い部分などいくつかの成分から形成されるパワーストーン 古来より人々に珍重されてきた鉱物。ラピスラズリを細かく砕き、絵の具の材料としても使われていた馴染み深い石。 ラピスラズリの名称は、ペルシャ語で青色を意味する"lazward"と、石を意味する"lapis"に由来す。

パワーストーンの効果
星空を思わせるようなラピスラズリは、死と再生をつかさどるパワーを秘めている。 古来より聖なる石とされ、災いを回避し、持ち主に最高の幸運をもたらすと言われている。 知性を洗練させ、直感力を高め、潜在能力を引き出す効果がある。

ラピスラズリのおすすめ浄化方法
月による浄化/映像の投影(プロジェクション)による浄化/ お香(セージ)による浄化(スマッジング)/水晶クラスターによる浄化/音による浄化

◇産地:アフガニスタン、ロシア、カナダ、アメリカ、チリなど ◇誕生石:12月、9月19日、10月27日


ら行のパワーストーンへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ