日本式双晶(水晶)

日本式双晶(水晶)(Japanese law twin quartz) 和名:水晶(日本式双晶)
モース硬度:7 宝石言葉:跳躍

パワーストーンの色・特徴
日本式双晶は、2つの水晶の結晶がひとつに交わり、その角度が84度33分のものを日本式双晶と呼ぶ。日本以外の国でも産出するが、日本ではじめて発見されたため、この名がついた。 その形から、夫婦水晶やハート水晶といった別名でも呼ばれる。 国内の有名な水晶の産地、山梨県の乙女鉱山は、日本式双晶で有名。

パワーストーンの効果
日本式双晶は、日本人と非常に相性が良い石。ハートの様な形から、意中の異性との仲をとりもつ効果がある、恋愛によく効く石。 この石を握って相手を思い浮かべることで、気持ちが伝わると言われている。 幸せな結婚を運び、夫婦の仲を良くするためにも非常に効果がある。

日本式双晶(水晶)のおすすめ浄化方法
*クリスタル(クリアクォーツ)には、特に水と太陽による浄化がおすすめ。
水による浄化/太陽による浄化/月による浄化/映像の投影(プロジェクション)による浄化/塩による浄化/砂・土による浄化/ お香(セージ)による浄化(スマッジング)/水晶クラスターによる浄化/音による浄化/エッセンスによる浄化

◇産地:日本、マダガスカル、ペルー、アフリカなど ◇誕生石:2月29日


な行のパワーストーンへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ