モモ珊瑚

モモ珊瑚(Coral) 和名:桃珊瑚
モース硬度:3.5 宝石言葉:慈しむ愛

パワーストーンの色・特徴
珊瑚は古くから帯留めやかんざしなどに使われ、日本で親しまれてきた。 サンゴには色々な種類があり、ジュエリーとして使用されるものだけでも血赤珊瑚、桃珊瑚、ボケ珊瑚などが挙げられる。 硬度が低く、ナイフなどでも傷がつくため取り扱いに注意が必要。
モモ珊瑚は、日本の海底約200m~500mに生息している珊瑚。オレンジがかった桃色をしている。

パワーストーンの効果
古来より、悪魔や落雷、火事から守ってくれるとされ、子供のお守りとして身につけられてきた。 母の愛のように持ち主をやさしく包み込んでくれる。 見た目も美しいが、お守りとして優れた効果を発揮する。
モモ珊瑚は愛情を表すパワーストーン。持ち主だけでなく家族やパートナー、周りの人間を慈しむような愛で包み、幸運を運んでくるとされている。

モモ珊瑚のおすすめ浄化方法
月による浄化/映像の投影(プロジェクション)による浄化/ お香(セージ)による浄化(スマッジング)/水晶クラスターによる浄化/音による浄化/エッセンスによる浄化

◇産地:日本、台湾、フィリピン、オーストラリアなど ◇誕生石:8月28日


ま行のパワーストーンへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ