ガーネット結晶

ガーネット結晶(Garnet)  和名:柘榴石
モース硬度:7-7.5 宝石言葉:闘争、達成

パワーストーンの色・特徴
ガーネットという名称はラテン語の”granum”(種子、殻粒)から派生した"granatum"(多くの種子をもったもの=柘榴)からきている。 ガーネットには様々な種類のものがあり、色はブルーを除いたほとんどの色がある。結晶は12面体や24面体の美しい形をしており、日本でもレインボーガーネットの結晶が産出する

パワーストーンの効果
ガーネットは権力、優雅、勝利の象徴とされる石。古来より世界各地の人々の間で、「神聖な石」として崇められてきた。 結晶状態のままだと、荒削りではあるが非常に強いパワーを発する。免疫力を強くして、身体中に活力を行き渡らせ、エネルギー不足の解消に効果 がある。

ガーネット結晶のおすすめ浄化方法
水による浄化/月による浄化/映像の投影(プロジェクション)による浄化/砂・土による浄化/塩による浄化/ お香(セージ)による浄化(スマッジング)/水晶クラスターによる浄化/ 音による浄化/エッセンスによる浄化

◇産地:インド、スリランカ、アフガニスタン、ブラジル、マダガスカル、タンザニア、アメリカ、カナダ、日本など ◇誕生石:2月3日


か行のパワーストーンへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ