ブルースターサファイア

ブルースターサファイア(Blue Star Sapphire) 和名:青玉(サファイア)
モース硬度:9 宝石言葉:知識へ導くパワー

パワーストーンの色・特徴
サファイアは、ルビーと同じコランダムと呼ばれる鉱物に属する。 内包物の違いにより赤色になったものをルビーと呼び、その他の色のものをサファイアと呼ぶ。 ブルーサファイアは、鉄やチタンの混入によってブルーになったコランダムのこと。 サファイアの名前は、ラテン語で青色という意味の"sapphirus"もしくはギリシャ語で同じく青色の意味の"sappheiros"に由来する。 もっとも価値が高いとされているのはインド・カシミール産のコーンフラワーブルーと表される色を持つサファイア。
ブルースターサファイアはブルーサファイアに針状のインクルージョンがあり、スター効果(アステリズム)を示す石。

パワーストーンの効果
ブルーサファイアは、夫婦和合や、恋人との関係を良くするために効果のある石。 「貞節な愛を表し、不貞を働くと光沢が失われる」といわれていることから、パートナーの浮気防止にも役立つ。 霊魂を鎮めて憎悪の感情を和らげ、邪悪なものから守る効果がある。また、持ち主の内に眠る才能を表に引き出す効果があり、才能を開花させるために有効なパワーストーン。
ブルースターサファイアは、ブルーサファイアにスターが入ることにより、よりパワーの強まった石。

ブルースターサファイアのおすすめ浄化方法
水による浄化/太陽による浄化/月による浄化/映像の投影(プロジェクション)による浄化/塩による浄化/砂・土による浄化/ お香(セージ)による浄化(スマッジング)/水晶クラスターによる浄化/音による浄化/エッセンスによる浄化

◇産地:スリランカ、インド、ミャンマー、タイ、アメリカ、オーストラリア、タンザニア、マダガスカルなど ◇誕生石:9月30日


は行のパワーストーンへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ