ブルーオパール

ブルーオパール(Blue Opal)  和名:蛋白石(オパール)
モース硬度:6 宝石言葉:爽やかな愛情表現

パワーストーンの色・特徴
オパールは2種類の色味のものがある。 1つは遊色効果(プレイオブカラー)を示すプレシャスオパールで、虹色が特徴。 もう1つはコモン・オパール(またはポッチ・オパール)といい、不透明で遊色効果のないもの。
ブルーオパールは、コモン・オパールの仲間で、やわらかな水色~青緑色をした半透明もしくは不透明のオパール。

パワーストーンの効果
オパールは古代では魔術的な力があると信じられ、希望と幸せを運ぶ石とされている。 愛の宝石、キューピッド・ストーンとして知られており、恋愛によく効く石。
ブルーオパールは、爽やかさを象徴する石。さわやかな魅力を身につけたい時に高い効果のある石。 ブルーオパールのような爽やかで新鮮な恋愛を望んでいる人には、良い出会いを運んでくれる。

ブルーオパールのおすすめ浄化方法
*オパールは乾燥・衝撃に弱いので、注意
水による浄化/月による浄化/映像の投影(プロジェクション)による浄化/ お香(セージ)による浄化(スマッジング)/水晶クラスターによる浄化/音による浄化/エッセンスによる浄化

◇産地:ペルー、オーストラリアなど ◇誕生石:6月16日


は行のパワーストーンへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ