ピンクオパール

ピンクオパール(Pink Opal)  和名:蛋白石(オパール)
モース硬度:5.5-6.5 宝石言葉:愛の出会い

パワーストーンの色・特徴
オパールは2種類の色味のものがある。 1つは遊色効果(プレイオブカラー)を示すプレシャスオパールで、虹色が特徴。 もう1つはコモンオパール(またはポッチ・オパール)といい、不透明で遊色効果のないもの。オパールは水分を含み、多くの宝石とは違い非晶質であるために、乾燥するとひび割れを生じる。
ピンクオパールはコモンオパールの一種で、ピンク色のものを指す。
ピンクオパールとよく似ており、ピンクオパールとして流通している鉱物に、バリゴルスカイトというものがある。

パワーストーンの効果
オパールは、愛の宝石、キューピッド・ストーンとして知られており、恋愛によく効く石。
ピンクオパールは特にその効果が強く、新しい出会いを運び、恋の成功をサポートしてくれる。 また、身につけると幸せな結婚に導き、良い子に恵まれると言われている。子供を危険から守るお守りにもなる石。

ピンクオパールのおすすめ浄化方法
*オパールは乾燥・衝撃に弱いので、注意
水による浄化/月による浄化/映像の投影(プロジェクション)による浄化/ お香(セージ)による浄化(スマッジング)/水晶クラスターによる浄化/音による浄化/エッセンスによる浄化

◇産地:メキシコ、ペルーなど
◇誕生石:2月14日


は行のパワーストーンへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ