ハーキマーダイヤモンド

ハーキマーダイヤモンド(Herkimer Diamond) 和名:水晶(クリスタル)
モース硬度:7 宝石言葉:水の輝き

パワーストーンの色・特徴
ハーキマーダイヤモンドは、ダイヤモンドという名前がついているが、水晶の一種。 アメリカ、ニューヨーク州ハーキマーで産出され、ダイヤモンドのように輝きの強いクリスタル(水晶)。 そのため、ハーキマーダイヤモンドという名前がつけられた。 他の水晶より高温、高圧の、ドロマイト質の石灰石の中で成長するクリスタル。 原石は、結晶の両サイドに先端が見られるダブルターミネーションという形をしている。

パワーストーンの効果
ハーキマーダイヤモンドは、持ち主の才能を輝かせる効果のある石。 創造性を発揮したい時や大量の情報を処理する時に身につけると、必要な情報を瞬時に選りわけ、新しい考え方で活用できるようになる。 ドリームクリスタルとも呼ばれており、眠るときにそばに置いておくと夢の中で気づきを得られる。 安眠も得られるパワーストーン。

ハーキマーダイヤモンドのおすすめ浄化方法
*ハーキマーダイヤモンドには、特に水と太陽による浄化がおすすめ。
水による浄化/太陽による浄化/月による浄化/映像の投影(プロジェクション)による浄化/塩による浄化/砂・土による浄化/ お香(セージ)による浄化(スマッジング)/水晶クラスターによる浄化/音による浄化/エッセンスによる浄化

◇産地:アメリカ ◇誕生石:10月3日


は行のパワーストーンへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ