ウォーターオパール

ウォーターオパール(Water Opal)  和名:蛋白石(オパール)
モース硬度:6 宝石言葉:乙女の恋心

パワーストーンの色・特徴
ウォーターオパールは、遊色効果(プレイオブカラー)を示すプレシャスオパールで、虹色が美しい石。 メキシコオパールの中の無色のものがウォーターオパール。透明な水滴に虹色の光が浮かぶことからウォーターオパールという名がついた。
オパールは水分を含み、多くの宝石とは違い非晶質であるために、乾燥するとひび割れを生じる。

パワーストーンの効果
透明な水のように見えるが、内部にはちかちかと炎のような輝きのあるウォーターオパールは、眠っていた情熱を呼び覚ます石として人気がある。 恋で悩んでいるときにこの石を持つと、キューピッドとして手助けをしてくれると言われる。

ウォーターオパールのおすすめ浄化方法
*オパールは乾燥・打撃に弱いので、注意
水による浄化/月による浄化/映像の投影(プロジェクション)による浄化/ お香(セージ)による浄化(スマッジング)/水晶クラスターによる浄化/音による浄化/エッセンスによる浄化

◇産地:メキシコ ◇誕生石:6月24日


あ行のパワーストーンへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ