エピドート

エピドート(Epidote) 和名:緑簾石
モース硬度:3.5 宝石言葉:祈り

パワーストーンの色・特徴
エピドートは、ピスタチオのようなグリーンが美しい石。海外では、独特の色から"ピスタサイト"とも呼ばれている。色は他にも、黄色、灰色、褐色、黒のものなどがある。透明な結晶には黄色や黄緑色、無色のものもある。 エピドートという名前はギリシャ語で”追加、増加”を意味する”Epidosis"に由来する。 水晶の内包物としても見られる鉱物。

パワーストーンの効果
知覚力や直観力を高め、自由な発想を手助けする石。固定観念から抜け出して、新鮮で生き生きとした発想ができるようになる。

エピドートのおすすめ浄化方法
月による浄化/映像の投影(プロジェクション)による浄化/ お香(セージ)による浄化(スマッジング)/水晶クラスターによる浄化/音による浄化/エッセンスによる浄化

◇産地:スイス、アメリカなど ◇誕生石:8月15日


あ行のパワーストーンへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ