アンバー(琥珀、こはく)

アンバー(琥珀、こはく)(Amber)  和名:琥珀
モース硬度:2-2.5 宝石言葉:抱擁、大きな愛

パワーストーンの色・特徴
針葉樹林の樹脂が化石化したもの。宝石は通常内包物があると価値が下がるが、琥珀は逆に価値が上がる。古来より装飾品や治療薬として使用されてきた。よい香りを発して燃えるため、ロシアの貴族が暖炉にくべて芳香剤にしたとも言われる。 色は主に黄色や褐色、希に赤色や青色(ブルーアンバー)のものが見られる。アンバー(琥珀)は非常に柔らかいため、爪でも傷がつくので注意が必要。

パワーストーンの効果
太陽のエネルギーを包むアンバーは、元気のない時に身につけると生命力が高まり、気力がわいてくる。こすると静電気を帯びる帯電効果があることから良い気を引き付けるとされ、金運、仕事運に効果がある。

アンバー(琥珀、こはく)のおすすめ浄化方法
月による浄化/映像の投影(プロジェクション)による浄化/お香(セージ)による浄化(スマッジング)/水晶クラスターによる浄化

◇産地:ロシア、ドミニカ、日本など ◇誕生石:11月7日


あ行のパワーストーンへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ