アポフィライト

アポフィライト(Apophyllite) 和名:魚眼石
モース硬度:4.5-5 宝石言葉:よい噂

パワーストーンの色・特徴
アポフィライトは加熱すると葉の形にはがれる。そのため、アポフィライトという名前はギリシャ語の"apo"(~から離れて)と"phyllon"(葉)に由来する。 魚眼石という和名は青白くぼんやりと光る結晶が魚の眼に似ていることに由来すると言われている。 無色、白色、灰色のものが多く、緑色、黄色、バラ色のものもある。

パワーストーンの効果
古代より、霊力を高める石として、儀式の際によく使われてきた。精神的な問題に行き詰まった時や、解決策がわからない時には、新しい視点を与えてくれる。また、目の疲労を取り除く効果があるとも言われている。

アポフィライトのおすすめ浄化方法
月による浄化/映像の投影(プロジェクション)による浄化/ お香(セージ)による浄化(スマッジング)/水晶クラスターによる浄化/音による浄化/エッセンスによる浄化

◇産地:インドなど ◇誕生石:6月11日


あ行のパワーストーンへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ